ラスベガスカジノはフォーマルで参戦

  • 投稿日:
  • by

私たち夫婦は新婚旅行で、アメリカに行った。西海岸を中心に観光のプランを組みましたが、西海岸にしたのはラスベガスカジノに行ってみたかったから。

以前映画でラスベガスカジノの様子を見てから、ずっと憧れを持ち続け、新婚旅行という機会に、その憧れを現実のものにしようと考えついたわけ。

到着翌日、午前中はカリフォルニアで観光をしたけれど、夜になる前にネバダ州へ移動。予約のホテルにチェックインを済ます。

そしてこの時の為に、日本から持ってきていたフォーマルな装いに着替え、いざラスベガスカジノに出発です。

現地は非常にきらびやか、中へ入る事に気後れしちゃったけど、覚悟を決めラスベガスカジノに入場。

スロットやポーカー、ルーレットなど多くのゲームが行われていますが、得意としてるのはブラックジャック。

ゲームに参加する為テーブルに着くと、まるで自分が映画の主人公になったようで大興奮。

夜が明ける頃には、手持ちの200ドルは120ドルほどに減るも、体験の代価としては安いもんかなと。

物語はスタートする

  • 投稿日:
  • by

昔からユースケ・サンタマリアの演技が好きだ。どちらかと言うと、コメディタッチな役よりも、シリアスな演技を高く評価している。

普段はヘラヘラと、うだつのあがらないイメージのユースケが、演技になると全くの別人に見える。そのギャップに、ヤラれるのかもしれない。

今クールでは、「火の粉」で、殺人罪で起訴されたが、無罪判決を受けた男を演じている。

その無罪判決を下した、当時の裁判官の家の隣に、突然引っ越してくる所から物語はスタートする。原作は同タイトル、雫井脩介のサスペンス小説。

私は原作を読んでいるので、全体のあらすじは分かっているのだが、読んだのが結構前なので新鮮な気持ちで観ることが出来ている。

放送されている時間は、フジテレビが「オトナの土ドラ」と銘打って、新しく作った枠。骨のある本格的なドラマが観られるのは、確かに大人としては嬉しい限りだ。

一人暮らしは必ず全うする

  • 投稿日:
  • by

期待の一人暮らしを、ついに開始!正しくは夢だった。今まで、自分は実家住まい、居間で雑魚寝、己が場所等持てぬ扱いに甘んじ、日々苦痛・怒りへ打ち震える。

姉貴が部屋さえくれれば、もっと楽なのに!あー、思い返せば苛々・・・。STOP、終わり!今日で全部終わり。紆余曲折の末、引っ越し完了。

今日からここで私、一人暮らし・・・!ようやく広々ルームをゲット!浮かれる自分。刹那、玄関が開く音。あれ?嘘、鍵は閉めてた筈だ。泥棒!?と、戦々恐々。

「ハロー!マイシスター。お、我が妹の初一人暮らしかぁ、広いねぇ」姉さん登場は何故?「そりゃ新築祝い?新居祝い?何でもえーね、お邪魔しに来たよ」

ちょ・・・嘘。折角解放されたと喜んでたのに。「へー、これだけ広けりゃ自分も住める。私もご一緒希望!」え?嘘?「嘘じゃねーよ。ルームシェアどう?」ぜーたいっ嫌!

一人暮らしじゃねーもん。駄目、帰れ!「冷たっ、私が嫌い?」勿論、離れる事が切なる願い。邪魔、どっかいけ!

個人の豆腐店が出てきた

  • 投稿日:
  • by

温泉に行くと、大抵はホテルの売店でお土産を買いがち。でも、大抵は名前を変えて他の所でも売ってるようなお菓子が大半。

悪いとは言わないけど、いまいちテンションが上がらないことが多い。友人と定山渓温泉に行くので、なにか旦那にお土産は買わねば。

あらかじめネット検索してみると、「おおむら」という個人の豆腐店が出てきた。

大々的に店頭販売を行ってる訳ではなく、工場の入り口に商品名が書かれたボードが掛かっていて、注文すると奥から持ってきてくれるスタイルらしい。

この話をすると、友人も買って帰りたいとのことで行ってみた。

ラインナップは木綿豆腐、寄せ豆腐、厚揚げ、こんにゃく、刺身こんにゃくの5種類のみ。

この周辺では、こちらの豆腐を使用されてるホテルが、大半とのこと。これは期待出来るぞ。